静岡駅前のコンサートホール 静岡音楽館AOI

Concert Hall in front of Shizuoka Station "Conert Hall Shizuoka AOI"

文字サイズFont size
  • チケット情報
  • お問合せ
  • リンク
  • チケット情報
  • お問合せ
  • リンク
  • HOME
  • コンサート&イベント
  • 教育プログラム
  • その他の事業
  • 施設のご利用について
  • AOIについて
  • HOME
  • コンサート&イベント
  • 教育プログラム
  • その他の事業
  • 施設のご利用について
  • AOIについて
AOIについて

芸術監督

静岡音楽館AOI 芸術監督 野平一郎(作曲家・ピアニスト)

「芸術監督」とは、劇場・ホールにおいて、コンサートの出演者、公演プログラムの選定や教育普及活動、人材育成支援事業等の方針を決定する人です。また、施設の顔として、それらを発信する役割も持っています。静岡音楽館AOIでは2005年から野平一郎が芸術監督を務め、芸術性の高いコンサートを発信しています。


静岡音楽館AOI芸術監督 

野平 一郎(作曲家、ピアニスト) Ichiro NODAIRA(Comp.,Pf.)

東京藝術大学、同大学院修士課程修了後、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に学ぶ。在学中より作曲・ピアノ・指揮・プロデュース・教育など多方面にわたる活動をおこなう。ピアニストとしては内外のオーケストラにソリストとして出演する一方、多くの国際的名手たちと共演し、室内楽奏者としても活躍。レパートリーは古典から現代まで幅広い。近年はコンチェルトの弾き振りや、自作自演を含めた指揮活動も多い。90枚を超すCDをリリース、その中にはベートーヴェンやモーツァルトのピアノ・ソナタ全集、武満徹や湯浅譲二のピアノ作品全集、間宮芳生のオペラ《ニホンザル・スキトオリメ、自作、演劇的組歌曲《悲歌集などが含まれる。140曲に及ぶ作品の中には、フランス文化庁、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、IRCAM、国立劇場からの委嘱作品があり、近作では《祝典序曲(K.ナガノ/モントリオール交響楽団)、管弦楽のための《時の歪み(杉山洋一/東京都交響楽団)、現在進行中のNHK交響楽団との3回に亘る新作発表のプロジェクト《シズオカ・トリロジー、同(静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ)、室内オペラ《亡命(サントリーホール)などを発表、いずれの作品も圧倒的な成功を収めた。第13回中島健蔵音楽賞(1995)、第44回尾高賞、芸術選奨文部大臣新人賞、第11回京都音楽賞実践部門賞(1996)、第35回サントリー音楽賞(2004)、第55回芸術選奨文部科学大臣賞(2005)を受賞。日本芸術院賞(2018)を受賞。2012年春には紫綬褒章を受章。現在、静岡音楽館AOI芸術監督。東京藝術大学名誉教授、東京音楽大学教授。


 芸術監督


ページの先頭へ
To top
〒420-0851 静岡県静岡市葵区黒金町1番地の9 TEL.054-251-2200 FAX.054-253-3322 9:00~21:30
月曜日定休(ただし祝日開館、翌平日休館。年末年始 12/28~1/4)
Concert Hall Shizuoka AOI 1-9 Kurogane-cho Shizuoka-shi 420-0851
TEL(+81)54-251-2200  FAX(+81)54-253-3322 9: 00-21: 30
Closed on Mondays (Open on public holidays, closed the following day. Year-end and New Year 12/28-1/4)