静岡駅前のコンサートホール 静岡音楽館AOI

文字サイズ
  • チケット情報
  • お問合せ
  • リンク
  • HOME
  • コンサート&イベント
  • 教育プログラム
  • その他の事業
  • 施設のご利用について
  • AOIについて
AOIについて
トップページ > AOIについて > AOI・レジデンス・クヮルテット

AOI・レジデンス・クヮルテット

AOI・レジデンス・クヮルテット

    -AOI Residence Quartet-

1995年、静岡音楽館AOIの開館とともに、その専属弦楽四重奏団として松原勝也、小林美恵(ヴァイオリン)、白尾偕子(ヴィオラ)、安田謙一郎(チェロ)、いずれも日本を代表する弦楽器奏者たちにより結成された。98年にチェロが河野文昭に交替、2001年、ヴィオラは川本嘉子が後を継いだ。W.A.モーツァルトとシューベルトをたびたび採りあげ、また2000年には三輪眞弘:弦楽四重奏曲《皇帝》ハ長調(静岡音楽館AOI委嘱作品)を世界初演するなど、古典から現代まではばひろい作品で優れた演奏を提供しつづけ、とくに2004年のバルトーク:弦楽四重奏曲第1、3、6番の圧倒的な熱演は歴史的な名演といえる。これまでにP.ロジェ、野平一郎、横山幸雄、田部京子(ピアノ)、佐久間由美子(フルート)、P.メイエ(クラリネット)、福田進一(ギター)の各氏ほかと共演、弦楽四重奏曲を中心に多彩なプログラムで聴衆の耳を愉しませてきた。2010年には菊川文化会館アエル、伊豆市生きいきプラザ、御前崎市民会館、グランシップなど静岡県の各地で演奏。今後の活動がますます期待されている。2013年、静岡県文化財団第26回地域文化活動特別賞受賞、2014年、静岡県文化奨励賞受賞。


写真1


写真2 

松原勝也(ヴァイオリン)Katsuya MATSUBARA(Vn.)

1963年、東京生まれ。東京藝術大学音楽学部在学中、安宅賞受賞。クライスラー国際コンクールなど世界の主要なコンクールで上位入賞を果たす。89~99年、新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを務める。バッハから現代音楽までを俯瞰的視野から見つめなおす新鮮なアプローチで注目を集める無伴奏リサイタル・シリーズをはじめ、即興や、作曲家、ジャズ・ミュージシャンとのコラボレーションなど、常に既成の音楽観に一石を投じ続けるその演奏スタイルは、極めて高い評価を受けている。ソリストとしては、新日フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、神戸市室内合奏団など主要なオーケストラと共演。室内楽においても、ヨーヨー・マ、P.ゼルキン、R.ストルツマン、C.ナイディックなどと共演し、絶賛を浴びた。2001年より第一生命ホールで開催の「若手演奏家のためのアドヴェント・セミナー&コンサート」をプロデュース。2002年、津田ホール「松原勝也+」では、高橋悠治、安田謙一郎、福田進一、渡辺香津美との共演が話題を呼んだ。また、毎夏、霧島国際音楽祭講師として室内楽の指導にあたっている。東京芸大音楽学部教授。99年、第17回中島健蔵音楽賞、平成12年度第55回文化庁芸術祭新人賞受賞。


小林美恵(ヴァイオリン)Mie KOBAYASHI(Vn.)

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校から大学に学ぶ。1983年、第52回日本音楽コンクール第2位。84年、海外派遣コンクール河合賞受賞。88年にはシュポア国際ヴァイオリン・コンクール第2位、あわせてソナタ賞を受賞。また、国内でも東京藝術大学安宅賞を受賞した。90年、ロン=ティボー国際コンクール・ヴァイオリン部門で日本人として初めて優勝し、以来、リサイタル、オーケストラのソリスト、室内楽等で日本を代表するヴァイオリニストとして活躍。CDも多数録音しており、2010年9月、ツィゴイネルワイゼンなどを収録した「ヴァイオリン名曲集」がリリースされた。2010年は、デビュー20周年にあたり、紀尾井ホールで記念リサイタルを好演。同年11月には、ロン=ティボー国際コンクールのヴァイオリン部門の審査員として招かれた。現在、昭和音楽大学の教授をつとめ、後進の指導にもあたっている。
 写真3


写真4 

川本嘉子(ヴィオラ)Yoshiko KAWAMOTO(Va.)

1992年、ジュネーヴ国際コンクール・ヴィオラ部門最高位(1位なしの2位)。96年、村松賞、97年、第7回新日鐡音楽賞・フレッシュアーティスト賞受賞。ソリスト・室内楽奏者として最も活躍しているヴィオラ奏者の1人。アルティ弦楽四重奏団(京都)、AOI・レジデンス・クヮルテットのメンバー。91年、東京都交響楽団に入団。99年より2002年退団まで首席奏者を務める。タングルウッド、マールボロ、ダボス、東京の夏、霧島国際音楽祭、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、小澤征爾音楽塾、水戸室内管弦楽団、アルゲリッチ音楽祭等(別府)に参加。M.アルゲリッチやY.バシュメットなどと共演し絶賛を博している。C.ミョンフンとの室内楽では日本・韓国公演も行なっている。ソリストとして、これまでにG.ベルティーニ、J.フルネ、P.マークなどの著名な指揮者と共演。東京藝術大学弦楽器科非常勤講師として後進の指導にもあたっている。


河野文昭(チェロ)Fumiaki KONO(Vc.)

京都市立芸術大学卒業。1982年に文化庁在外派遣研究員としてロスアンジェルスで、その後ウィーン国立音楽大学にて研鑚を重ねる。黒沼俊夫、ガボール・ライト―、アンドレ・ナヴァラの各氏に師事。84年、帰国後は独奏者としてリサイタルやオーケストラとの共演を重ね、フィンランドの作曲家、ヨーナス・コッコネンのチェロ協奏曲やイタリアのルチアーノ・べリオの無伴奏曲「セクエンツァⅩⅣ」などを本邦初演する。また室内楽演奏にも積極的に打ち込み、現在アンサンブル ofトウキョウ、紀尾井シンフォニエッタ東京、AOI・レジデンス・クヮルテット、岡山潔弦楽四重奏団などのメンバーとして、国内外に幅広く演奏活動を行っている。50回日本音楽コンクールチェロ部門第1位(81)、京都音楽賞(90)、大阪府文化祭賞(92)、京都府文化賞功労賞(2004)等を受賞。現在、東京藝術大学教授として後進の指導にもあたっている。


 写真5

ページの先頭へ