静岡駅前のコンサートホール 静岡音楽館AOI

文字サイズ
  • チケット情報
  • お問合せ
  • リンク
  • HOME
  • コンサート&イベント
  • 教育プログラム
  • その他の事業
  • 施設のご利用について
  • AOIについて
AOIについて

企画会議

静岡音楽館AOI企画会議委員

「企画会議委員」とは芸術監督とともに、それぞれの専門分野を活かした静岡音楽館AOIならではのコンサートを企画する人です。国内外の第一線で活躍する芸術家によって構成されています。

田村博巳(演出家)Hiromi TAMURA(Producer)

1955年、東京生れ。79年、慶応義塾大学文学部社会学科卒業。81年より国立劇場(日本芸術文化振興会)勤務。95年より静岡音楽館AOI企画会議委員。現在、国立劇場制作部長。民俗芸能、雅楽、声明(仏教音楽)を中心に日本の伝統芸能公演を企画制作し、民俗儀礼や口頭伝承の研究に立脚した創作を舞台芸術作品として構成演出する。また、古典芸能の保存・継承とともに、作曲家等と協同して、伝統の素材を現在の視点でとらえた意欲的作品を数々発表する。これまでに、国立劇場(88~99年)および国立文楽劇場(2004~06年)主催の公演制作をするほか、本多劇場劇小劇場プロデュース公演 伝統芸能シリーズ「楽の庭Ⅰ~Ⅳ」(97~2000年)やスパイラル声明コンサートシリーズ「千年の聲vol.1~20」(98年~現在)などで継続的に演出している。
 写真1


写真2

 

沼尻竜典 (指揮)Ryusuke NUMAJIRI(Cond.)

1990年、第40回ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。ロンドン交響楽団、モントリオール交響楽団、シドニー交響楽団、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、デュッセルドルフ交響楽団、トゥールーズ・キャピトル管弦楽団、パリ室内管弦楽団等欧米各国のオーケストラを指揮。国内では91年NHK交響楽団「若い芽のコンサート」でデビュー以来、全国の主要オーケストラを指揮し、好評を得ている。これまで、新星日本交響楽団正指揮者、東京フィルハーモニー交響楽団正指揮者、名古屋フィルハーモニー交響楽団常任指揮者、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者を歴任。95年、自ら結成したトウキョウ・モーツァルトプレーヤーズと共に、三鷹市芸術文化センターを拠点に活動を開始。「ベートーヴェン交響曲全集(EXTON)」の録音も行っている。オペラ指揮者としては97年《後宮からの誘拐》でデビュー以後、ツェムリンスキー《王女様の誕生日》、日生劇場ベルク《ルル》全3幕完成版等数々の演目を指揮、いずれも絶賛されている。海外では、ベルリン・コーミッシェ・オーパー、ケルン歌劇場、バイエルン州立バレエなどを指揮。また、2007年、4月びわ湖ホール第2代芸術監督に就任以来《王女様の誕生日》、《ばらの騎士》、《サロメ》、《トゥーランドット》、《ルル》、《ラ・ボエーム》、《トリスタンとイゾルデ》、《アイーダ》を成功に導いている。2011年夏には、サイトウ・キネン・オーケストラにデビューし、バルトーク作曲《中国の不思議な役人》を成功に導いた。91年、第1回「出光音楽賞」、99年、第7回渡邉暁雄音楽基金音楽賞、2001年、第51回芸術選奨文部科学大臣新人賞、2004年、第3回齋藤秀雄メモリアル基金賞、2005年、第46回毎日芸術賞、第23回中島健蔵音楽賞、2011年、文化庁芸術祭優秀賞、第61回芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。現在、びわ湖ホール芸術監督、日本センチュリー交響楽団首席客演指揮者、トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ音楽監督。2010年度より群馬交響楽団の首席指揮者兼芸術アドバイザー。


福田進一(ギタリスト) Shin-ichi FUKUDA(Guit.)

パリ・エコール・ノルマル音楽院を首席で卒業。1981年、パリ国際ギターコンクールで優勝。デュトワ指揮NHK交響楽団をはじめ国内外のオーケストラと協演、ジャズの渡辺香津美などジャンルを超えた一流ソリストとの共演は常に絶賛を博している。ここ数年間で世界20カ国以上の主要都市に招かれリサイタルを開催、日本の優れた音楽文化を世界に紹介した功績により平成19年度外務大臣表彰を受けた。2008年には福田進一に献呈されたブローウェルの協奏曲「コンチェルト・ダ・レクイエム」をライン州立響と世界初演、引き続き作曲家自身の指揮によりコルドバ管弦楽団(スペイン)にて再演され大成功を収めた。19世紀ギター音楽の再発見から現代音楽までのボーダーレスな活動は世界的な評価を獲得している。発表したCDはすでに60枚に迫り、スペイン音楽第2集「セビリア風幻想曲」(マイスターミュージック)は、平成15年度第58回文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。2007年には「福田進一 アランフェス協奏曲」(飯森範親指揮 ヴュルテンベルグ ・フィル/コロムビア)をリリース。近作は「エチュード・ブリランテ ~タレガ作曲集Ⅱ」(マイスターミュージック)等。ますます精力的に活動の場を広げるスーパー・ギタリストである。上海音楽院(中国)、大阪音楽大学客員教授。静岡音楽館AOI企画会議委員。


 写真3

ページの先頭へ